--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年05月09日 (金) | Edit |
今日は、プリスクールでORT Stage2(オックスフォードリーディングツリー)の
What a Bad Dog!
を読んでもらいました。

今日の先生は、以前ブログでもご紹介した、読み聞かせが上手な先生でした。

この本は我が家にもあるので、ちゃんと聞いてくれるかと思ったら、相変わらずPuriちゃんはウロウロと。。。
まあ、教室内にいるから良しとしよう!
と思いながら、ママは先生の読み聞かせに集中。

ママも読み聞かせる時は色々質問をしようと心掛けているのですが、ボキャブラリ不足と発想が貧弱なので、先生の読み聞かせはママの大事な勉強の一つなのです。

いつもの様に、先生は文章だけでなく色々な質問をしながら読み進めていきます。
今日もすごく良い読み聞かせだったので、一部ご紹介します。

●シーン1
ORT

本文:Floppy went on the concrete.
Dadがコンクリートを塗っている上をFloppyが歩いてしまうシーンです。

先生の質問は、多岐にわたり
「なぜ、Floppyはコンクリートの上をあるいたか?」
「コンクリートの様子はどうか?」
「どうして、Dadは板の上に座っているのか?」
「Dadは何て言ったか?」
などなど、物の名前の質問も含めて10問くらいありました。

このページでママが新たに覚えたのは、
固まっていないコンクリートは、 fresh concrete
足跡は、footprint
です。

●シーン2
ORT

本文:What a bad dog!, said Mum.
Dadのスリッパを噛んでしまい、Flollyが怒られているシーンです。

噛むは、ずっとbiteを使って教えていたのですが、先生はchewを使っていました。
和訳を見ると、はっきりとした違いは分からないのですが、今度の読み聞かせではママもchewを使ってみようと思います。

「それぞれの顔の表情から、どんな気持ちだったか?」
「このシーンの時間帯は?」
「背景の絵や、フルーツの種類について」
などの質問がありました。

●シーン3
ORT

本文:The tray was on fire.
トレーから火が出ているのをFloppyが知らせるシーンです。

火が出るは、fire breaks out
なんですね。
あと、コンロはstoveです。

シーン2のフルーツがシーン3では、リンゴがかじられていたり、バナナが無かったりするので、間違い探しのような質問も楽しいです。
(ごめんなさい。写真には写っていません。本がある方は見てみてくださいね)

この他、色々と良い質問ばかりでした。
ORTは、簡単なストーリーの中に、話が膨らむポイントがたくさん隠されているので、新たな発見もあり飽きない本です。

*今晩、早速寝る前にPuriちゃんに読んであげました。
でも、先生のようには上手にできませんでした。やっぱり英語力不足ですね。。。


--------------------------------------------------
ブログランキング応援お願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
Rin。さんへ
コメントありがとうございます。
英語子育てには、親の成長も欠かせないですよね。
私も、試行錯誤しながら少しずつ勉強しています。

iKnow!やWebレッスンお勧めですよ。

でも、発音はやっぱり子供の方が上手ですね。
かないません。。。

英語子育て、お互い楽しみましょう!
2008/05/10(Sat) 20:53 | URL  | 普通のママ #MiGEEDp.[ 編集]
はじめまして。
ランキングから遊びに来ました。
我が家も英語育児を始めているのですが、
私が英語苦手なモノで。。。
只今、私もお勉強中です。。

とても参考になる情報が多かったので 
これから参考にさせてください♪

また遊びにきます♪
2008/05/10(Sat) 00:12 | URL  | Rin。 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。