--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月31日 (土) | Edit |
プリスクール終了後、週に2日くらいスクールのお友達と一緒に
近くの小学校の校庭に遊びに行きます。

その小学校は、Puriちゃんが通うことになる学校なのですが、
できたばかりの新しい学校です。
色々な取組みのモデル校になっていて
小学生だけでなく、地域の人たちが色々と集まれる場所になっています。

最近知ったのですが、人気の小学校で(もちろん公立ですよ)わざわざ引っ越してくる人もいるみたいです。

その学校で、ブランコや滑り台をして遊んでいるのですが、
スクール終了直後は英語。
段々と日本語に変わっていきます。

やっぱり、外で英語を話すのは何となく子供なりに思うところもあるみたいです。

Puriちゃん達が遊んでいると、ハーフのお友達が珍しくて時々小学生が集まってきます。
相手は悪気がなくても、時々「う~ん」と考えさせられるような事も言われてしまいます。
それでも、みんなたくましく遊んでいますけどね。
子供って強い!

先日、スクールの先生家族が校庭に遊びに来ました。
先生を見た途端に、みんな英語スイッチが入って英語でベラベラと話し始めました。
小学生は、驚いてあっという間にどこかに消えていきました。

日本の子供たちの中で英語を話すのは、何となくアウェーな気がして
どちらかと言うと、英語を封印している感じなのですが、
堂々と英語を話したPuriちゃん達が少しかっこ良く見えました。

幼稚園や小学校に入って、英語を話した時に笑われてしまったりすると
英語を話せる事を隠そうとする子もいるようです。
Puriちゃんのお友達もそうでした。

Puriちゃんが幼稚園で英語を話す機会があるかどうか分かりませんが、
英語を話せる事が「恥ずかしい」と思う様にならない事を願っています。
英語を話せる事が自信になって欲しいですね!

我が家の一押し英語教材を販売しています!
タグリーディングシステム★English vine

--------------------------------------------------
ブログランキング応援お願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。