--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月28日 (水) | Edit |
タグリーディングシステムって、本当はどうなの?
と言うご質問をよく頂きます。
そこで、本音ベースで我が家の状況を書いてみます。


Puriちゃんは教えられるのが嫌いで、
自分の興味のある事をきっかけに、自分で勉強するタイプです。

そんなPuriちゃんの性格に合っていたのが、タグリーディングシステムでした。

最初は、「もっとネイティブの発音に慣れて欲しい!」と言う思いで購入しました。
Puriちゃんが3歳半くらいだったと思います。
使ってみての感想は、「すごく良さそうだけど、難しい。。。」
でした。
正直ママも聞き取れませんでした。

まあ、大人なのでこっそりと字を見てストーリーは理解しました。
ゲームは、なんとなく質問の意味が分かる程度で、苦労しました。

まだ、Puriちゃんには難しかったかな~。
と思いました。

でも、ママの予想に反してPuriちゃんの食いつきはすごく良かったです。
ペンで色々な所をタッチしながら、ずっと遊んでいました。
Seちゃんが小さかったので、一人で遊べる教材で助かった覚えがあります。

1カ月くらい経った頃から、ママの耳も慣れてきて、少しずつ聞き取れるように!
Puriちゃんは、簡単なクイズなら答えられるようになっていました。

最初に取り組んだ本は、
「Disney Princess: Adventures Under the Sea」
でした。
もともとアリエルが好きだったので、多少難しくても続けられたんだと思います。

可愛いアリエルペンとセットになった「アリエルセット」がお勧めです。

その後、付属本の「Ozzie and Mack」、「I SPY!」に進みました。
この頃は、1冊の本にじっくりと時間をかけました。

ゲームをクリアしていくと、Rewardがもらえるので、それを目標に頑張りました。
Rewardは、学習管理機能の1つで学習が進むともらえるご褒美のようなもので、
パソコンで確認できます。

最初の何カ月かは、毎日のように遊んでいました。
やっぱり慣れてくると、あまり遊ばなくなった時期もありました。
どんな素晴らしい物でも、ブームの波はありますよね。

そんな時は、強制せず、新しい本を少しずつ増やして興味を切らさないようにしました。
4歳半くらいからは、動物カード「ランドアニマルカード」や「「バード・アンド・シーアニマル」が凄く気に入り、Puriちゃんの中で動物ブームが始まりました。
この頃から、英語を勉強するから「英語で勉強する」に変わってきました。
今でも、事典の様に使っています。

5歳になった頃には、レベル:★★(対象年齢:4~6歳くらい)の本は
新しい本を聞いても1度で理解し簡単にゲームをクリアしていきました。

最近は、使い方も少し変わってきました。
本を見ずにストーリーをかけ流して、楽しんだり
気になったページの単語を1つずつタッチして、音を確認しながら読んでいます。

Puriちゃんとタグリーディングシステムとの付き合いは、こんな感じで進んでいます。
対象年齢が8歳までとなっているので、あと2年くらいは引き続き楽しめそうです。

タグリーディングシステムはとても優れた教材だと思っています。
長く続けられると言う事は、良い教材ですよね

幼稚園に通い出してからは特に、瞬時に英語スイッチを入れられる教材として活躍しています。
テレビやパソコンを使う時間が増えてきている中で、「絵本」というのもポイント高いです。

各ご家庭によって、色々な使い方があると思いますが、
我が家では、こんな感じで英語への色々なアプローチの要として役立っています。

ご紹介したのは、我が家の例なのでご了承ください。

もし、興味がある方は、是非お店を覗いてみて下さい。

●タグリーディングシステム アリエルセット
タグリーディングシステム アリエルパック


--------------------------------------------------
ブログランキング応援お願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト
テーマ:英語de子育て
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。